気軽なカミソリでの自己処理は続けていてもお肌に良いことなし!

Q:カミソリでムダ毛処理をしています。

ですが、敏感肌なので、処理後はいつも肌がカミソリ負けを起こし、ザラザラしたり赤みがでたり…という状態、
友達からは、サロン脱毛をすべき(自己処理を止めるべき)だと言われているのですが、肌が弱いため、脱毛に耐えられるだろうかと心配です。
カミソリ負けする敏感肌でも、脱毛はできますか?

 

 

A:カミソリ負けしやすい方にこそ、脱毛エステはオススメです。

カミソリでの自己処理は、時間や費用がかからず手軽で便利ですね。お風呂に入るついでにササッとカミソリでムダ毛処理をしている、という方は多いことでしょう。

 

ですが、一般的なカミソリでムダ毛処理をすると、どうしても肌の表面まで削ってしまうため、敏感肌でなくてもカミソリ負けすることは珍しくありません。とくに肌が弱い方の場合は、肌トラブルを起こしやすいので要注意。肌の“乾燥・色素新着”や“プツプツ毛穴”、場合によっては炎症を起こしてしまうことさえあります。ですから、カミソリ負けをするようなら、サロンでの脱毛(光脱毛)を検討されるべきでしょう。

 

もちろん、脱毛サロンでの光脱毛も、“肌ダメージゼロ”ではありません。ですが、直に毛根に働きかけて脱毛を促すため、カミソリでの処理に比べると(光脱毛のほうが)肌ダメージは少ないとされています。

 

なので、サロンでの脱毛は、肌が敏感な方にこそオススメなのです。ただし、“光脱毛は、肌にトラブルがあると受けられない場合がある”ということを覚えておいてください。光脱毛は、毛根の色素に光を反応させて脱毛を促す方法。よって、肌に傷や色素沈着があると、そうした(毛根以外の)部位に光が反応して肌を傷つけてしまう恐れがあるためです。カミソリ負けで肌が炎症を起こしている時なども、脱毛施術が受けられないことがあります。

 

とはいえ、そうした場合も、脱毛を諦める必要はありません。
傷や色素沈着している部分を避ければ脱毛はできますし、(サロンに相談し)美白トリートメントなどで色素沈着の改善をはかりつつ、肌の調子をみながら光脱毛を進めていくという選択肢もあります。

 

肌トラブルがある場合、その部分の脱毛はできません。ですが、光脱毛自体は肌へのダメージがカミソリよりも軽いため、敏感肌の方にもオススメです。何より、脱毛が完了すれば、その後の自己処理の必要がなくなるので、カミソリ負けの悩みから解放されますよ。

こちら