脱毛サロンにいく際、制汗剤の使用はNG!

エチケットとして毎日必ず制汗剤をつける、という方も多いかと思われます。気になる汗の量や匂いを抑えてくれる便利な制汗剤。ですが、エステなどで脱毛施術を受けるときには、制汗剤の使用はNG。
脱毛効果を阻害したり・肌トラブルを引き起こしたりする恐れがあるため、脱毛中の制汗剤使用は控えましょう。

 

制汗剤は脱毛前に使用しないでください

エステなどで脱毛する際には、制汗剤の使用は控えましょう。
光脱毛は、毛根の色素に(色に反応する)光を反応させて脱毛を促すもの。
制汗剤を使用すると、制汗剤の成分(パウダーなど)が毛穴に入り込み、光脱毛の効果を妨害してしまうことがあるためです。

 

また脱毛施術により、肌は一時的にダメージを受けた状態に…。
制汗剤が肌に刺激となることもあるのです。
よって、脱毛にとりくんでいる期間は、(脱毛直前はいう間でもなく)極力、制汗剤の利用は控えるといいでしょう。

 

脱毛後も制汗剤の使用には要注意

脱毛前の制汗剤使用はNG。
さらに、脱毛後も、少なくとも施術をしたその日は、(脱毛箇所に)制汗剤の使用を我慢しましょう。
脱毛後の肌は、乾燥しやすく敏感な状態。
そのため、制汗剤の刺激が、肌トラブルを引き起こしてしまうことがあるためです。

 

制汗剤に頼らないケアの仕方

脱毛中の制汗剤使用は、オススメできません。では、どのように汗対策をすればいいのでしょう。
制汗剤にかわる、効果的なケアの仕方はあるのでしょうか。

 

汗はこまめに拭きましょう

汗のニオイは、汗と皮脂、雑菌が混ざり合うことで発生します。ですから、汗は放置せず、こまめに拭きとるようにしましょう、そうすることで、気になるニオイの発生を抑えることができます。

 

止まらない汗には、効果的な冷却を!

そもそも汗をかくことは、大切なこと。体温調節はもちろん、免疫力や代謝なども発汗と大きく関係しているとされています。

 

とはいえ、人と会う時などに汗がダラダラ状態なのは恥ずかしいもの。
そうした時には、手首・ワキ・首すじを冷やしタオルなどで冷やしてみてください。
静脈が通っているこれらの個所を冷やすことで、体を効率よく冷やして汗を抑えることができますよ。

 

こちら